着物

【リサイクル着物ショップ開業に関する本】僕が四十二歳で脱サラして、妻と始めた小さな起業の物語 和田一郎

こんにちは!幸せパンダです!

密かに起業に憧れているので、ついつい起業ストーリーを語ったビジネス書を読んでしまいます。

今日はリサイクル着物ショップ開業に関する、面白い本のご紹介です。

リサイクル着物ショップ(ネットショップ)ICHIROYAの社長、和田一郎さんの起業ストーリーです。


アンティーク着物・中古着物のICHIROYA


さて、和田さんですが、42歳で務めていた百貨店を退職、紆余曲折を経て海外オークションサイトでのアンティーク着物の販売を開始。

なんと知識ゼロからのスタートだったそうです。

ちなみに大阪出身の方で、現在大阪に住んでいる私としては、その時点で親近感を感じます。

アンティーク着物に出会ったきっかけが、大阪の四天王寺骨董市というのもびっくりです。(先週行ったし!!!)

リサイクル着物ショップに関する記事を読んでいたところ、和田一郎さんのブログに辿り着き、内容が面白かったので、ブログに広告掲載されていた本を買ってみました。

さて、本の感想です。

他のビジネス書はなんとなく抽象的で、「分かったけど、結局何をすればいいんだろう?」という気持ちになることが多いのですが、この本は具体的でとても役に立つと感じました。

例えばホリエモンみたいな、もう感性が全然違うんじゃないの?みたいな真似のできない起業家の話ではなく、本当にすぐそこにいそうなサラリーマンが起業して、日々悩みながら、努力しながら成功していくという、応援したくなるようなストーリーなんです。

そして、自分でも何かできるんじゃないか、という気持ちにさせてくれる本です。

ただ、京大卒の秀才なので、自分と同じかと言えばまったく違うんですけどね(笑)。

そして、奥様の内助の功にも感動します。

起業に憧れている人には、是非読んでほしい一冊です。