埼玉県川越市に行って、「川越唐桟」という川越名物の木綿着物を見たい!

スポンサーリンク

近々埼玉県川越市に行きたいと思っています。

川越には以前行ったことがありますが、古い町並が残っていて、着物を着てお散歩するのにぴったり!

そして今回は「川越唐桟」という川越名物の木綿着物を見に行きたいと思っています。

「唐桟」というのは、江戸時代、東南アジアからもたらされた縞木綿のことです。

平織りで、極めて細い双糸を使うことで、木綿でありながら、絹そっくりの風合いに仕上がっているそうです。

まだ見たことないのですが、以前着物好きの方のブログに書かれていて、ずっと興味を持っていました。

せっかく関東に戻ってきたので、是非行ってみたいと思います。

近いうちに行くので、ブログにアップしますね。

コメント

  1. KI より:

    ご無沙汰してます。
    川越唐桟・・ハッピーパンダさんのブログ読んでいると興味出
    てきました!名前は聞いたこと有るのですが、埼玉は遠いし・・と
    思っていました。木綿で有りながら絹そっくりというのは興味シンシン、見てみたいものです。行かれたら是非報告を!
    ちなみに私は、伊勢木綿か、デニム着物か、半年迷って8月末にとうとうくるりのデニム着物購入しました。くるりデニムはステッチ
    がなく一件紬着物なんです。今、「でにむどす」って京都のお召
    メーカーのデニム着物も西陣に見に行ってかなり惹かれています。
    こちらはステッチありの着物もあるんです。

  2. ハッピー☆パンダ より:

    KIさん
    日曜日に行く予定なので、またブログにアップしますね!
    デニム着物、私も興味あります。無地だから帯も合わせやすそうですね。着心地はどうですか?
    「でにむどす」は初めて知りました!岡山のデニムを使っているんですね。学生時代に住んでいたので、懐かしくて、親近感・・・。情報ありがとうございます!