夫婦で着物を着て、京都にお出かけ!初めての大島紬

着物
スポンサーリンク

今日は夫婦で着物を着て、京都にお出かけ!

大叔母から母へ、そして母から私へ受け継がれた大島紬に初めて袖を通しました。

江坂の着付け教室「秀きもの着付」の先生の知り合いの和裁士さんに頼んで、裄と袖丈、そして汚れていた掛衿を付け直してもらったので、着れる状態になったんです。

全部で1万円でした(安くて、仕上がりも完璧です)。

とっても気に入っています。ピンクの帯は母が若い頃に使っていたもので、この大島紬に合わせて、大叔母から譲り受けたと聞いています。

最近私の影響を受けて着物を着始めた夫も一緒に着物でお出かけしました。夫の着物は、私の父が若い頃に作って、一度も来ていないものです。

今日はSAMURAIという男きもの専門店で、写真でつけている羽織紐を買って、ご機嫌です。

このお店、京都で偶然見つけましたが、仙台と東京にもあるみいたいです。

今度東京の銀座店にも行ってみたいと思っています。

私は以前から気になっていた和装用バックを、京都にあるむら田祇園店で購入しました。

以前着付け教室の先生や生徒さんと祇園を歩いている時に、偶然このバックを見てとてもいいなと思いました。

その時はみんなと一緒だったのでお店に入らず、そのままになっていました。

そして確か大阪の阪神百貨店か阪急百貨店でも同じバックを見て、やっぱりいいなあーと思いました。でも、購入せず。

そして今日また偶然このお店の前を通って、やっぱり素敵だなーと。

これも何かの縁!もう関西を離れるので、思い切って購入することにしました。

たくさん種類はあるのですが、こちらの色を選びました。お値段は21,600円でしたよ。やっと手に入れて、すごく嬉しいです!