着物

江坂の着付教室「秀きもの着付」(レッスン19回目)

今日で着付けのレッスンは19回目。

私が通っている大阪・江坂の着付教室↓

秀きもの着付

今回は先週の「貝の口」結びのおさらいと、「吉弥結び」を学びました。

こちらが「吉弥結び」

2回目でやっと「貝の口」はマスター。「吉弥結び」はやっぱり1回では覚えられません・・・。

それにしても、こんな帯結びもあるんだ~と感激しました。

本当に奥が深い。楽しいです!

実は11月に親戚の結婚式があるので、初めての訪問着を仕立てました。

淡い緑色に、ピンク系の模様が入っています。

購入前にリサイクルショップを含めて何件もまわりましたが、着物を仕立てると大体20万~50万かかります。リサイクルでもそこそこのものは10万円はします。

今回は某呉服会社の展示会で目玉商品として販売されているものの中で気に入ったものがあり、仕立て代と合わせて7万弱で仕立てることができました。

一応上代は45万とありましたが、生地自体は29,800円で販売されていました。

まあ、上代はあまり当てになりませんが・・・。

お店の人によると、通常は20万代で販売しているそうです。

帯は実家にあるもの、草履とかばんは祖母が成人式の際に10万円くらいで買ってくれたものを使おうと思います。

ずっと使えるように、落ち着いた流行のないデザインのものを買っておいてくれたので、今でも使えます。祖母に感謝です!

着物の柄は、あえて今しか着れないピンク系の模様の入ったものを選んでみました。

また仕立てあがったら画像をアップしますね!

★★★今までのレッスンの様子★★★